健康維持にはどんな水を選べば良いの?

健康維持にはどんな水を選べば良いの?

昔は日本でも井戸水を使って生活していたものでした。そして、「井戸水は水道水よりも冷たくて美味しい!」と大好評でした。残念ながら、最近では井戸水を飲料水として使っているご家庭は昔に比べると少なくなっています。

 

もちろん、井戸水に代わる水道の登場によって、井戸水が衰退化したというわけではありません。あまり知られていないかもしれませんが、日本における土壌汚染の問題は実に深刻であり、「井戸水=安全に飲める水」というのはもはや昔のことです。近所を歩けば、毒性の強い物質がたくさん不法投棄されているのを目にすることでしょう。

 

また、ウィルスや細菌による感染の恐れもあるため、井戸水を飲料水として使う場合には、定期的に点検する必要があります。その点を踏まえれば、日本の水道水は世界一安全な水と言えるでしょう。ご存知の通り、水道水をそのまま飲料水として使える国というのは、日本以外にはほとんどあり得ません。

 

しかし、2011年に起きた大震災をきっかけに、とうとう日本でも水道水を安全に飲むことができなくなってしまったのです。そこで、重宝するアイテムが、市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーの水です。市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーを選ぶ際には、まず含有成分に着目しましょう。

 

特定の疾患を患っている場合、含有成分が毒として作用してし、下痢を引き起こしてしまうことがあります。一方、「バナジウムを多く含む水は糖尿病治療に有効である」という報告も出されています。とにかくミネラルウォーターを選ぶ時には、含有成分や持病、常用薬を考慮するようにしましょう。